日本宗教連盟主催・第7回宗教法人の公益性に関するセミナー「令和6年能登半島地震の地域コミュニティにおける宗教法人の現状と課題」

日本宗教連盟主催・第7回宗教法人の公益性に関するセミナー

「令和6年能登半島地震の地域コミュニティにおける宗教法人の現状と課題」ご案内

 

【趣旨】  本年元日に発生した能登半島地震から半年が経ちました。日本宗教連盟は、去る4月17日に「能登半島地震に関する報告会」を開催しましたが、被災地で活動する稲場圭信大阪大学大学院教授、並びに、真宗大谷派能登教務所の竹原所長から、教団、宗派を超えた支援活動とともに、現地の深刻な状況が報告されました。また、報告会には、被災宗教法人の関係者、日本宗教連盟協力5団体(教派神道連合会、全日本仏教会、日本キリスト教連合会、神社本庁、新日本宗教団体連合会)関係者、及び、文化庁宗務課の関係者等が参加して情報交換を行いました。

特に、社寺仏閣の被害は多数かつ甚大で、活動再開に向けての不安や苦悩も聞き及んでおり、復興支援については充実した制度が実施されることが重要であると認識しています。

この度、地域文化とコミュニティを支えてきた宗教法人の現状についてあらためて報告いただき、公費解体、指定寄付金、復興基金、不活動宗教法人化への対応等、山積する課題について共有するとともに、能登地域の今後を考えていきたいと存じます。

つきましては、下記のとおり開催いたしますので、関係各位にはご参加くださるようご案内いたします。

日時     令和6(2024)年7月19日(金) 13:00 ~ 16:00 (開場 12:30)

会場     真宗大谷派能登教務所 (石川県七尾市藤橋町テ9-1  JR七尾駅より徒歩15分)

及び、Zoomミーティング

主催     公益財団法人日本宗教連盟

対象     宗教法人役員、及び、事務担当者等 (参加費無料、会場定員60名+Zoomミーティング)

プログラム  12:30    開場

13:00    開会  主催者挨拶、及び、主旨説明

講演  「令和6年能登半島地震における宗教施設、宗教者の対応」

稲場圭信 大阪大学大学院教授

講演  報告  竹原了珠 真宗大谷派能登教務所長

講演  文化庁

講演  石川県

講演  日本行政書士会連合会

質疑応答

16:00  閉会

以 上

【参加申込】会場希望者:7月12日13時までに、日本宗教連盟事務局宛にEメールでお申込みください。メールの件名に「7月19日 セミナー申込み」とご記入のうえ、本文に①所属団体、②氏名、③連絡用Eメールアドレスをご記載ください。折り返し受付の連絡メールをお送りいたします。

Zoom希望者:7月12日13時までに、Zoomミーティングへ事前登録してください。 →

https://us02web.zoom.us/meeting/register/tZcrf-6qpj0uEtLgmEVpwOSxpA52tdIePsw9

登録後、Zoomミーティング参加に関する情報の確認メールが届きます。

日宗連事務局Eメール メールフォームから

日本宗教連盟事務局  東京都港区芝公園4-7-4明照会館2階 電話03-3432-2807(午後)