宗教界の新型コロナウイルス(COVID-19)感染対策について(第1版)

宗教界の新型コロナウイルス(COVID-19)感染対策について

(第1版)

 

令和3(2021)年9月17日

公益財団法人 日本宗教連盟

PDF版はこちら

 社寺における初詣や教会におけるクリスマス・ミサなどは日本における伝統的行事として社会に根付き、国民の精神的安寧に寄与するなど、我が国において大きな社会的意義を持っております。

これから仏教では彼岸の時期を迎え、秋には神社のお祭り、12月にはクリスマス・ミサ等、年末年始を迎えるにあたっては、なお一層の感染対策が必要です。

私たちは2020(令和2)年の年末から年始を迎える段階で第3波を経験し、その後感染力の強い変異株の急増で、より大きな第4波、第5波の影響を受けました。現在ワクチン接種が高齢者を中心に進んでおりますが、若い世代の重症者が増え、いまだに医療機関の逼迫による自宅療養者が多い状況です。治療薬が確立されていないため、全国的に感染者数が減ってきても急に感染対策を緩めてしまうことで、再び厳しい状況を招きかねません。

氏子崇敬者・檀家・信者・信徒の方々、国内外から訪れるすべての皆様が、安心して社寺・教会等に赴き、祈りを捧げることができるよう、日本宗教連盟に加盟する各宗教団体が作成しているガイドラインを再度見直し、徹底して感染拡大防止の取り組みを強化していきたいと存じます。新しい生活様式が定着してきた今だからこそ、大切な皆様の安全と健康を守るために、これまでの感染対策の「基本」を徹底して行うことが重要です。

つきましては、本連盟においても新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、最低限取り組むべき項目をまとめました。また、加盟各団体で各々策定しているガイドラインのリンクも併せて掲載致しますので、これまで同様に感染症対策にご協力をお願いいたします。

尚、今後の感染状況の変化や政府の対処方針等の変更により、それぞれの団体においてはガイドラインの規定内容の見直しを行う場合がありますので、御承知置き願います。

 

1、基本的な対処事項

①換気の悪い密閉空間(密閉)、人の密集(密集)、互いに手を伸ばせば届く距離での会話や発声(密接)のいわゆる「三密」を避け、最低限人と触れることのない距離を確保し、自己への感染を回避するとともに、他人に感染させないようにすること。

②多くの参拝者・礼拝者等が同時に利用する場所(手水舎や賽銭箱前、授与所周辺、トイレ、祈祷・礼拝所への出入り口等)での感染防止策を行うこと。

③他者と共有する物品や手が触れる場所について、接触の頻度を把握してこまめに消毒をすること。

④ウイルスの主な感染経路である接触感染と飛沫感染について、職員及び助勢者・奉仕者、短時間労働者のほか、参拝者・礼拝者等の動線や接触等を考慮して対策を講じること。

 

1 2 3 14