4月1日開催の関係団体シンポジウム後援 <災害と宗教>

日本宗教連盟 【後援】 宗教者災害支援連絡会主催シンポジウムのご案内

本シンポジウムは、盛会のうちに終了いたしました。ご参加くださいました皆様に御礼申し上げます。

 

日本宗教連盟は、令和3(2021)年4月1日に開催の宗教者災害支援連絡会設立10周年記念シンポジウム「東日本大震災と宗教者の支援活動の新たな地平」(主催:宗教者災害支援連絡会、共催:「宗教と社会貢献」研究会)を後援しております。

以下のとおりご案内いたします。

宗教者災害支援連絡会主催シンポジウム「東日本大震災と宗教者の支援活動の新たな地平」

日 時: 2021(令和3)年4月1日(木) 17:00~20:00

形 式: オンライン(Zoomミーティング)

主 催: 宗教者災害支援連絡会

共 催: 「宗教と社会貢献」研究会

後 援: 日本宗教連盟

主旨: 東日本大震災から10年が経過しました。宗教者災害支援連絡会は2011年4月1日に設立され、宗教者、宗教研究者らが協力しながら、東日本大震災・福島原発災害の支援活動の充実のための情報交換に努めてきました。

被災者の苦悩や悲嘆はなお続いており、なおも支援活動は求められています。発足10年を記念するこのシンポジウムでは、そうした被災者の状況を思いやりつつ、この10年の東日本大震災・福島原発災害の支援活動を振り返り、被災者と支援者の新たな関わりのあり方を考えていきたいと思います。

また、その後に発生した熊本地震(2016年)、西日本豪雨(2018年)などの宗教者・宗教団体の災害支援の情報交換についても視野に入れながら、宗教者・宗教団体と行政や宗教以外のさまざまな支援者との連携や、防災活動の前進についても考えていきたいと思います。

【プログラム】

挨拶・趣旨説明  島薗進(宗教者災害支援連絡会・代表)

黙祷

発題

(1)戸松義晴(日宗連理事長、全日本仏教会理事長) 「東日本大震災以後の日本宗教連盟の取り組み――宗教と公共性」

(2)篠原祥哲(世界宗教者平和会議日本委員会事務局長) 「『つながり』が生み出す災害後の回復力:求められる『顔の見える支援』」

(3)千葉望(陸前高田市の真宗大谷派正徳寺出身のノンフィクションライター) 「コロナ流行下で迎えた陸前高田の震災10年」

(4)山尾研一(キリスト全国災害ネット世話人、クラッシュジャパン副代表理事・事務局長) 「東日本大震災後のキリスト者の災害支援について」

コメンテータ: 稲場圭信(大阪大学大学院人間科学研究科教授)

【文化庁宗務課・令和3年1月25日事務連絡 「宗教法人が行う社会貢献活動について(情報提供)」の周知と論点整理(ガイドライン)について】

文化庁宗務課から当連盟に、1月25日付け事務連絡「宗教法人が行う社会貢献活動について(情報提供)」が届きましたので、同文書について公開いたします。

また、当連盟で論点整理を行いましたので、ガイドラインとして公表いたします。

「文化庁宗務課・令和3年1月25日事務連絡『宗教法人が行う社会貢献活動について(情報提供)』の周知と論点整理(ガイドライン)」令和3年2月2日付け・日本宗教連盟通知

別紙(PDF添付)

「宗教法人が行う社会貢献活動について(情報提供)」文化庁宗務課・令和3年1月25日事務連絡

1 2 3 4 14