要望

自由民主党 社会・宗教関係団体

委員長  山田 賢司 様

令和2年4月17日

公益財団法人日本宗教連盟

 

要 望

 

今般の新型コロナウイルス感染症の拡大は国難であり、国民一人一人にとっても生活そのものに大きな打撃を与えるものであります。日本宗教連盟の加盟団体に所属する宗教法人は、檀家や氏子崇敬者、信者、信徒である人々に対し、祈りと寄り添いによって精神的な支えとなるよう努め、また、信者・信徒と共に、心をひとつにして一日も早い感染の終息を祈念しております。

宗教界では、新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため、寺社仏閣、教会等はそれぞれで対策を行っております。寺社仏閣、教会が感染源とならないように、やむを得ず自主的に閉門し、檀信徒、氏子崇敬者は門外から参拝するような対応をとっている寺社仏閣もあれば、参拝は自由に行えるが授与品の頒布や御祈願は中止している寺社仏閣もあります。キリスト教の教会・伝道所では、極力、教会に集わない方法で礼拝をささげることを講じるよう呼びかけ、また、牧師と伝道師は、自宅礼拝をささげる人が霊的に孤立することがないように、オンラインによって礼拝を中継したり、電話などを使って、配慮を行っております。

このように、感染症拡大予防の対策を行う宗教法人は、法事や法要、礼拝、祭祀などの宗教活動を中止したり、最小限に縮小したりと本来の宗教活動を自粛しております。

感染拡大防止には、日本国民と全世界の人々による痛みの伴う協力が必要であります。4月16日には、全国に「緊急事態宣言」が発令されました。全国各地での休業要請や、人との接触を8割減らして不要不急の外出を避ける要請に協力することは、これ以上の感染拡大を食い止めるために重要なことですが、経済活動が停滞し、多くの人々が経済的困窮に陥ることになります。

社会の混乱と経済状況の悪化により、檀家や氏子崇敬者、信者、信徒である一人一人は、生きていくために、必要最低限の生活費を捻出しております。国民の生活を第一とした「新型コロナウイルス感染症緊急経済対策」など、政府による迅速な対応によって、人々が健康で文化的な生活を送れるように、引き続き様々な支援策の策定をお願いします。

私たち宗教法人は一人一人の浄財・献金によって支えられております。

国民の生活が安定しない状況が続きますと、個人が宗教活動に費用を回すことができない状況が今後しばらく続くと思われます。宗教法人の多くは小規模で、家族のみで運営しています。浄財・献金の減少が運営そのものに支障をきたす状況です。このままでは、宗教法人が経済的困窮に陥り、宗教活動もままならず寺社仏閣、教会等が地域から消滅してしまう事態も起こりうることです。今般の新型コロナウイルス感染症対策として打ち出された中小企業向け経済支援「持続化給付金」についても、宗教法人が公益法人等として支給対象となるよう、要望いたします。

また、行政機関においては、宗教法人が支給対象から除外することがないように、政教分離の解釈のあり方についてもご周知くださいますよう要望いたします。

「宗教界で進める『こころのユニバーサルデザイン』セミナー延期のお知らせ

「宗教界で進める『こころのユニバーサルデザイン』セミナー延期のお知らせ

 

 このたびの新型コロナウイルスに罹患された皆様と、感染拡大により生活に影響を受けられた皆様、並びに、医療機関等で昼夜も問わずご対応なさっておられる皆様に、心よりお見舞いを申し上げます。

 

さて、2月26日現在の、新型コロナウイルスの感染の状況、並びに、今後の感染拡大を憂慮して、日本宗教連盟では、ご参加の皆様の生命にかかわるリスクであると判断いたし、本セミナーの「開催延期」を決定いたしました。

2月26日付け安倍総理大臣からは、「政府といたしましては、この1、2週間が感染拡大防止に極めて重要であることを踏まえ、多数の方が集まるような全国的なスポーツ、文化イベント等については、大規模な感染リスクがあることを勘案し、今後2週間は、中止、延期又は規模縮小等の対応を要請することといたします」というメッセージが公表されております。

当連盟では、その要請と、ご参加の皆様の感染のリスクを考慮し、第5回宗教の公益性に関するセミナー「宗教界で進める『こころのユニバーサルデザイン』」開催を延期する決断を致した次第です。

 

セミナーにご参加を希望されていた皆様、また、ご参加をご検討いただいておられました皆様には、延期についてご理解くださいますようお願い申し上げます。

開催時期につきましては、引き続き状況を見ながら調整をいたしたく存じます。開催決定の際には、改めてホームページ等でご案内いたします。

 

令和2(2020)年2月26日

公益財団法人 日本宗教連盟

 

平成28年度 年頭所感(平成29年1月)

平成28年度 年頭所感(平成29年1月)

「創立七十周年と新たな使命」

公益財団法人 日本宗教連盟  平成28年度理事長 植松 誠

 

新しい年を迎え、謹んで新春のお祝辞を申し上げます。

旧年中は、日本宗教連盟のために皆様から温かいご協力とご支援を賜りましたことを深く感謝申し上げます。

日本宗教連盟は昨年創立七十周年を迎え、4月には記念式典を盛大に催すことができました。ご協力、ご参列くださいました関係者各位に深甚なる感謝の意を表します。創立七十周年という節目にあたり、日宗連が創立された意義を改めて思い起こし、そして、今、この時代に日宗連に求められている働きと使命について新たなビジョンを持ちながら歩み出したいと願っております。

Read More

1 3 4 5 6 7 10