【文化庁宗務課・令和3年1月25日事務連絡 「宗教法人が行う社会貢献活動について(情報提供)」の周知と論点整理(ガイドライン)について】

文化庁宗務課から当連盟に、1月25日付け事務連絡「宗教法人が行う社会貢献活動について(情報提供)」が届きましたので、同文書について公開いたします。

また、当連盟で論点整理を行いましたので、ガイドラインとして公表いたします。

「文化庁宗務課・令和3年1月25日事務連絡『宗教法人が行う社会貢献活動について(情報提供)』の周知と論点整理(ガイドライン)」令和3年2月2日付け・日本宗教連盟通知

別紙(PDF添付)

「宗教法人が行う社会貢献活動について(情報提供)」文化庁宗務課・令和3年1月25日事務連絡

平和な世界の実現を祈念して―核兵器禁止条約の発効を受けて

令和3(2021)年は、国際平和につながる歴史的な年となりました。世界平和実現のために、平成29(2017)年に核兵器の開発、保有、使用を禁じる核兵器禁止条約が国連で採択され、令和2(2020)年10月24日、条約に批准する国と地域が50に達し、本日、条約が発効されることとなりました。

原爆投下から75年もの長い年月をへた今も、被爆者の辛く苦しい体験と平和実現への強い願いは、人々に引き継がれてきました。核兵器使用による悲惨な状況とは、被爆者のみならず、原爆投下直後に爆心地に入った人々でさえも強い放射線の影響で被爆するという事実であり、被爆二世にも健康被害、差別などの影響が及ぶことでもあります。

 

私たち宗教者は、これまでも恒久平和を希求し、真に平和と言える社会の実現のために協働してまいりました。人類が争うことなく、一人ひとりがいのちを大切にして平和に暮らしていけるように祈り、また、人々に平和について説き平和を祈る心を伝えていくことが、宗教者の使命であります。

世界で唯一の戦争被爆国日本の宗教者である私たちは、ここに改めて核兵器のない平和な世界の実現を祈念いたします。

 

令和3(2021)年1月22日

公益財団法人 日本宗教連盟

理事長 戸松義晴

年末年始の初詣等参拝における感染防止徹底へのご理解とご協力のお願い

令和2(2020)年12月18日

日本宗教連盟ホームページをご覧の皆様へ

公益財団法人 日本宗教連盟

 

【年末年始の初詣等参拝における感染防止徹底へのご理解とご協力のお願い】

 

令和2年12月に入り、新型コロナウイルスの感染者が全国規模で爆発的に増加しております。

すでに、多数の地域で医療体制のひっ迫が報道されておりますとおり、これ以上の感染拡大は、医療従事者や高齢者施設従事者、エッセンシャルワーカーの皆様の心と体への負担を増すことにつながります。

このまま感染者が増加を続けると、医療が崩壊し、いま受けるべき医療さえ受けられない方々、医療の受診控えをする方々が、健康を害して命にかかわる危険な状態となります。

一方で、令和2年4月に行われた「緊急事態宣言」では、社会活動や経済活動が停滞し、企業の倒産や失業で収入がなくなってしまった方々が多数おられます。それにより、経済的困難や精神的な苦痛による自死者も増加しています。

感染拡大を防止することと、経済活動の活性化のバランスはたいへん難しいことでありますが、一人ひとりの皆様の命を守るために、皆様の「感染しない、感染させない」ための努力と協力が必要であります。

 

全国の神社や寺院、教会、教会所では、これまでも感染防止対策を行ってまいりました。また、年末年始の参拝を受け入れるために、感染防止策を強化しています。

しかし、令和2(2020)年12月以降の感染者の推移をみますと、社会では感染爆発ともいえるたいへん厳しい状況があります。

皆様が、年末年始にかけて初詣に出かけたり、帰省先で寺社仏閣・教会所への参拝・礼拝を行う際には、「参拝の時期を変える」、「混雑状況を調べて混雑を回避する」などのご協力をいただきたく、ここにお願い申し上げます。

また、参拝や礼拝にお出かけのときは、マスクの着用、手指の消毒、咳エチケット、大声での会話を控える、参拝先での飲食を控える等のご協力をお願いいたします。また、体調が思わしくないときは参拝を別の日に変えていただくなどのご配慮を賜りたいと存じます。

 

いま、皆様のご協力が必要です。

一人ひとり、大切な人を感染から守るために、ご理解を賜りたく重ねてお願い申し上げます。

 

<関東一都三県にお住いの皆様へ>

一部の報道等でご承知のことと存じますが、感染症拡大防止のために、東京、千葉、埼玉、神奈川の一都三県については、各知事から初詣による混雑を回避することを目的として、国土交通省、並びに、JR東日本や首都圏の私鉄各社、東京メトロなどの鉄道事業者に対し、大晦日から元旦にかけての終夜運転を中止するよう「要請」が行われております。 また、要請を受けた鉄道各社は、大晦日の終夜運転や初詣臨時列車等の取りやめを決定しております。(令和2年12月18日現在)

このコロナ禍においては、神社や寺院、教会、教会所において、皆様の健康と命を守るために、閉門時間を設けるなどの対応も行っております。

ホームページなどで情報公開している神社や寺院、教会等もありますので、お出かけ前にご確認ください。

1 2 3 5