日本宗教連盟 第8回宗教と生命倫理シンポジウム テーマ 「生殖技術―『自然』から新しい倫理の模索へ」

日本宗教連盟 第8回宗教と生命倫理シンポジウム

テーマ 「生殖技術―『自然』から新しい倫理の模索へ」

 

開催趣旨

近年ますます少子高齢化が進み、核家族や単身世帯の増加など、ライフスタイルの多様化も進んでいます。こういった社会構造の変化が、人々を日常的な「生」と「死」の現場から遠ざけることになりました。

しかしその反面、あらゆるものの情報化が進み、誰もがインターネットやSNSなどを介して多様な知識や価値観に触れる機会をもつ社会となりました。

このような社会環境の変化は、個人の死生観にも大いに影響を与えると考えられます。

日本宗教連盟では、これまで死生観について、特に医療分野に焦点を当てつつ宗教的観点を交えながら考察してきました。前回までのシンポジウムでは、脳死・臓器移植法や尊厳死の法制化、生殖補助医療などの諸問題をめぐって、多様な価値観からそれぞれの問題点や論点を紹介し、国民的議論の必要性を呼びかけています。

いのちの尊厳や生命倫理をめぐる問題は、一人一人の死生観と密接に結びついており、宗教の根幹にもかかわる重要な課題と言えます。今回のシンポジウムでは、生命倫理学、ジェンダー論等を織り交ぜた社会学的見地から、いのちをめぐる問題について考察致したいと存じます。また、次の議論への導入として問題点を提起いただくことを目的といたします。

主  催   公益財団法人 日本宗教連盟

日  時   平成 29年 12月 11日(月) 午後3時~ 5時30分

会  場   神道大教院(神道大教)

東京都港区西麻布4-9-2

最寄  日比谷線「広尾」駅より徒歩7分

日比谷線「六本木」駅より徒歩15分

大江戸線「六本木」駅より徒歩20分

日  程

◎受付    14:30~

◎開会    15:00

◎講演 「生殖技術―『自然』から新しい倫理の模索へ」 15:05~16:05

講師:柘植あづみ 明治学院大学社会学部教授

(休憩15分)

◎対談(インタビュー形式) 16:20~17:20

講師 柘植あづみ 教授

インタビュアー 猪子恒 日本宗教連盟評議員

◎閉会    17:30

参加者   120名(先着順)

 

参加申込   日本宗教連盟事務局に12月 7日までにお申込ください。(参加費無料)

日本宗教連盟事務局  〒105-0011東京都港区芝公園4-7-4 明照会館内

Tel 03-3432-2807  Fax 03-3432-2800  Eメール こちらをクリック

 

会場へのアクセス

1 2 3 13